ハイヤー業務をサポートする人々

ハイヤー会社には、お客様と直接接する運転手の方はもちろんのこと、そのほかにも多くのスタッフが存在します。予約の受付を承るスタッフは日本だけではなく、世界各国からハイヤーの依頼を受け付けており、24時間体制となっています。世界中の人々と話す機会があり、英語をはじめあらゆる国の言語が話せるスタッフばかりです。ハイヤー会社の第一印象を決めるのは、予約を受け付けているスタッフであることから、常に気持ちの良い対応を心がけており、同時に緊張感もあることでしょう。電話での対応が多いので、ちょっとした間違いが大きなトラブルになる可能性もあります。責任感の必要な仕事というのは間違いありません。

また、裏方ともいえるスタッフはこのほかにもおり、運転手の方に実践的な研修を行う人がいます。研修は社内研修もあれば、社外に委託することもあります。実践的な研修については社外の研修が必須であり、安全運転を行うためのもの。本格的なコースにおいて、あらゆるケースを想定した運転技術を高めていきます。同時に危険運転について自身のドライブレコーダーの動画をチェックし、生きた教材を使って検証することも。主観的に留まらず、客観的な意見を聞く貴重な機会となっています。社内で行う研修は、ビジネスマナーをはじめとした講習です。元キャビンアテンダントを招いて生きた接客スキルを学び、日々の業務に生かしていきます。お客様がハイヤーを気に入りリピートしてくれるかどうかは接客スキルが大きく関与しており、気持ちのよい接客は基本中の基本です。

さらに、ハイヤーは送迎だけではなく、各種プランがあります。これらのプランを作成する営業チームは日々お客様が何を考え求めているのかを考え、提案することが仕事内容です。このほかにも、お客様からサプライズサポートの依頼があればどのような流れで行うのか、貴重な一日になるようにプランニングしていきます。お客様が小さい子供さんのいるファミリー層であれば、車内で流す曲は子供さんが喜ぶようなものを準備することも。

このほかにも、車両の安全チェックをし、車両整備をするスタッフや事務スタッフなどもおり、それぞれが任された仕事をしっかりおこなうことでハイヤー会社は成り立っています。直接お客様に接することのないスタッフもいますが、間接的にはお客様をもてなすことに関与し、喜んでもらうことを考えています。大勢の人の力が集結されているからこそ、お客様に喜ばれるような仕事ができるのでしょう。