ハイヤーの安全運転の取り組みについて

私たちが車に乗るときに常に気になるのは事故を起こさずに安全に目的地までいけるかどうかです。そのほかにも気になることはいくつかありますが、事故を起こすことと比べると取るに足らないことです。もちろん、自分は事故を起こさないように運転をしていても、他者からもらい事故をする可能性はゼロではありません。とはいえ、できる限り安全運転になる対策は必要であり、もらい事故をした場合に不利な状況とならないためにリスク回避ができる行動が必要となります。

ハイヤーでは事故防止という観点から全車にドライブレコーダーを装備。事故が起きてしまった場合に正しい判断をしてもらえる参考資料にもなりますし、搭載していることによって、あおり運転を寄せ付けません。かりに被害にあったとしても、警察に証拠として録画された内容を提出できます。ハイヤー会社内では、ヒヤリとした場面やハッとした場面について危険情報が分析されます。

このほかに、ハイヤーにはジオタブが導入されています。これは、リアルタイムに把握することで、運転品質改善に役立てています。たとえば、速度超過や急ハンドル、急アクセル、急ブレーキといった行為は運転管理者に通知されるというものです。運転手とのヒアリングをはじめ、運転手全員と共有する仕組みを取っています。さらに、車種によって異なりますが、運転支援システムを広く導入。「車線逸脱防止装置」、「アダプティブ・クルーズ・コントロール」などがこれにあたります。これらは自家用車でもサポカーと呼ばれる安全性能を高めた車にも搭載されていることがあるため、身近なものと感じられる方もいることでしょう。

また、車両の装備だけに留まらず、外部から講師を招いて安全運転講習会を定期的に受講しています。安全運転講習会とは、安全運転の重要性を広く社会に喚起することを目的として開催されるものであり、車両を使った各種事業所で行われている講習会のこと。さらに、基本的にはハイヤー業務は運転手1名で行うものですが、先輩運転手が同乗することで、運転をチェックし、運転技術を高めるための質疑応答を行うことも。事故が起きてしまった際には、運転手の精神状況の解析をしたうえで、事故防止もしくは危険回避のためのアドバイスをカウンセラーが担当してくれます。普段の健康状況、ライフスタイル、さらに労働環境などに不安や問題はないかしっかりマネジメントしてくれるというものです。