ハイヤーとタクシーの違いを検証

ハイヤーとタクシーの違いを聞かれて詳しく答えられる人はそう多くないのではないかと思われます。その理由は、普段使いでハイヤーを利用する人が少ないからでしょう。ハイヤーといえば、社用車としての利用、葬儀社や結婚式場などの冠婚葬祭業、各種イベントなどで法人利用が多いからです。そのため、ハイヤーをこれまで利用したことがある人の多くは葬儀や結婚式の際に利用した、もしくはイベントなどで準備されていたというようなケースがほとんどのようです。このような流れで利用したものの、感想を聞いてみると好感触であることが分かります。

ハイヤーとタクシーとの違いは実は外観そのものに現れています。まず、車両が全く違うことは多くの人もご存じかと思われます。タクシーの外観は会社によって違いますが、普通自動車であり、一目見てどこのタクシー会社か分かるでしょう。そのため、タクシーは走行しながら会社を宣伝しているともいえます。一方ハイヤーは黒塗りの高級車が使用されており、見ただけではどこの会社なのかは分かりません。高級車は車内のインテリアからシートまで普通自動車とは全く違います。上質なものが使われていることは、乗車した瞬間に分かるでしょう。

また、利用目的や料金についても違いがあります。タクシーは送迎専用であり、個人のお客様向きのものです。料金は初乗り運賃があり、その後は距離数に応じて加算されていく仕組み。料金メーターが上がっていくのを乗車中に見ることができます。ハイヤーは送迎が多いとはいえ、それ専用ではありません。利用方法は多岐にわたっており、観光に利用したり、サプライズに利用したりすることもできます。送迎以外の利用の際には、ハイヤー会社の担当者との打ち合わせがあり、満足できるサービスが提供されるために詰めていきます。料金については、予約の時点で決まっており、乗車したときに料金メーターはありません。利用目的や距離と時間が考慮されていますが、最低貸し切り時間が設定されており、3時間を下限としている会社が多いのですが、最近は1時間という会社もあるようです。

さらに、ハイヤー会社によっては、乗車した際に車内サービスとしてWi-Fiサービスやミネラルウォーターや軽食やお菓子などのサービスがある場合も。無料でこのようなサービスが付いているのだとすれば、利用しない方がもったいないでしょう。タクシーもハイヤーもお客様を目的地まで送る、もしくが目的を一緒に遂行しますが、細かな点で違いの多いことが分かります。